衣本研究室 – 国立大学法人大分大学 理工学部 共創理工学科 応用化学コース

ABOUT 衣本研究室について

SDGsとイノベーションに繋がる技術開発を目指して、水の成分である水素や空気に含まれる酸素を使って発電する燃料電池や二次電池、水素を水から取り出すための電極、ならびに、自然・生活環境の改善に向けて竹を素材として利活用するための研究開発を進めています。

RESEARCH THEME 研究テーマ

(1)固体高分子形燃料電池の電極
水素と酸素を使って二酸化炭素は出さずに発電する“固体高分子形燃料電池(PEFC)”の研究に取り組んでいます。PEFCの電極には、白金ナノ粒子を炭素粉末に載せた触媒が使われていて、(1)炭素粉末の表面を化学的に修飾して高性能化を図る、(2)独自の電子顕微鏡観察技術による劣化メカニズムの定量的解明、そして(3)白金を全く使わない触媒の開発に取り組んでいます。また、充電もできる新しいタイプの燃料電池の開発にチャレンジしています。
2007年度~2008年度 独立行政法人・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代技術開発,2008年度~2009年度 独立行政法人・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/要素技術開発/低白金化技術,2016年度~2018年度 科学研究費補助金,基盤研究(C),2019年度~ 科学研究費補助金,基盤研究(C)
(2) 空気二次電池の電極
空気二次電池の電極・・・水を分解することで充電し、水を作りながら放電する“水素/空気二次電池(HAB)”の開発を進めています。この電池を実用化するには、酸素を反応させるための触媒(電極触媒)が必要です。さまざまな候補から、パイロクロア型金属酸化物に着目して、高性能化と量産化のための開発を進めています。HABは体積当りのエネルギー密度が高いので、太陽光発電との組み合わせで多くの電気を貯めることができ、クリーンな社会の実現を導きます。
2012年度~2019年度 国立研究開発法人・科学技術振興機構(JST)/先端的低炭素化技術開発(ALCA),2019年度~ 平成31年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業(当事業に関する関係機関はこちらhttp://www.appc.oita-u.ac.jp/kinumoto-lab/topic/)
(3)水素製造用非貴金属電極
水素製造用非貴金属電極・・・水の電気分解から水素を作るための電極触媒として、活性炭に、酸素、窒素とチタンを組み合わせた新しい化合物を世界で初めて開発しました。ゼロエミッション、クリーン、エコな水素社会の実現に繋げるため、高性能化の研究を進めています。
2016年度 国立研究開発法人・科学技術振興機構(JST)/マッチングプランナープログラム/企業ニース解決試験,2016年度~2018年度 科学研究費補助金,基盤研究(C),2019年度~ 科学研究費補助金,基盤研究(C)
(4)竹を原料にした竹繊維とセルロースナノファイバーの製造と利活用
竹を原料にした竹繊維とセルロースナノファイバーの製造と利活用・・・竹の異常繁茂は、生物多様性を低下させ、人間を生活しづらくさせる社会的な課題(竹害)になっています。やっかいな竹をこれからの素材として活用し、社会を豊かにするとともに竹害を減らして環境を守ることを目指して、独自で竹繊維とセルロースナノファイバー(CELEENA®)を作る技術を開発しました。現在、その製造技術と用途展開を目指してベンチャー企業の設立に取り組んでいます。また、この素材を宇宙に飛ばす研究開発を学外機関と研究チームを作り共同で進めて います。
2012年度~2014年度 環境省・環境研究総合推進費・補助金,2017年度 国立研究開発法人・科学技術振興機構(JST)/大学発新産業創出プログラム・社会還元加速プログラム(SCORE),2018年度~国立研究開発法人・科学技術振興機構(JST)/大学発新産業創出プログラム(START)

CHALLENGE CELEENA / 大分大学のチャレンジ

CONTACT お問い合わせ

「技術相談」「共同研究」「受託研究」についてのご相談は大分大学産学官連携推進機構までお問い合わせください。
http://www.ico.oita-u.ac.jp/
その他のお問い合わせは大分大学理工学部までお問い合わせください。
https://www.st.oita-u.ac.jp/inquiry/